ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2台目、自作PCとDVDのオーサリング


えーと、早くも自作PC2台目、成り行きで作ってしまった。


GigaByteのマザーがジャンクで安く手に入ったので
急遽筐体と電源を取り寄せ
(こっちもほとんどジャンク品)
Pen DC E2220 を乗せて動かしてみた
若干の部品は手に入りにくくそろわないものの
動作的は一応問題なさそうだった


残念ながらIDEのHDDからではなぜか起動できなかったが
S-ATAのHDDからXPが修復セットアップをかけて起動できたので
例によってDVD FlickでのDVDオーサリングをやってみた。


約45分のAVIファイル2本がVIDEO_TSフォルダーに
DVDファイルが出来るまで約42分強で完了した。
E5400 の37分強には少し及ばないものの
Pen4やPenDよりもはるかに速く
Pen DC シリーズはDVDのオーサリングで
十分使えるCPUだといえるだろう。
(Audioエンコード改良版での結果だ)

しかもオーサリング中など負荷をかけた時には
定格の2.4GHzできっちり動作していて気分も良い
CPUとマザー(GigaByte)との相性も良いと思える
(E5400もいつかこのマザーで動かしてみたいと思う)
.


アイドル状態・・・動作周波数は低い(お約束か?)




オーサリングなど負荷をかけた時・・・
気持ちよくきっちり2.4GHzで動作中。


.

スポンサーサイト

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

初めての自作PCとDVDのオーサリング

ずっと、Pen DC E5xxx E2xxx のCPUでエンコードしてみたいと思っていたのだが
使っていたメーカー製のPCでは互換性、融通性がないらしくPen DC では起動すらできない
(BIOS起動どころか電源すらも入らず、CPUの故障を疑った程だ)
サポートもけんもほろろまったく当てに出来ない対応だった
またインターフェースが違うため Pen DC が動くような
市販のマザーに入れ替えることも出来なかった

仕方なく マザー、PC筐体、電源などなどPen DC が動きそうな
部品をかき集めて何とか自作PCを比較的安価に組み上げることが出来た
(メーカー製のPCで同じ性能の物を買うにはとても届かない金額だ)

チップセットはG33 でOCもせずにXPを動かしてみると
体感的にはPen4 3.4GHzのPCと大差は無かったが
エンコードとオーサリングでは今まで経験したことが無いほど速かった


DVD Flick で42分前後のavi ファイル2本から
VIDEO_TS フォルダーが出来るまで
Pen4 3.4GHz やPenD 930でオーサリングした時には
約1時間弱前後で出来たが
Pen DC E5400 ではエンコードまで約22分強、
オーサリングまで約37分強で完成してしまった。
(Audioエンコード改善版での結果だ)

別に Pen DC の宣伝をする気はさらさらないのだが
事オーサリングに関しては期待以上の性能だった(PenD がひどすぎた?)。
(しかもCore2シリーズのCPUに比べて安く、コストパフォーマンスも高い)

しばらくは自作PCでオーサリングをするつもりだが
マザーを入れ替えられるようなメーカー製のPCが安く手に入れば
また乗り換えようかとも考えている
なぜならメーカー製のPCの方がやはり作りがコンパクトで
狭い部屋には置きやすいからだ。
.


アイドル状態・・・動作周波数は低い




少し負荷をかけた時・・・
2.6GHzくらいしかいかない、何故?


.

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

CPU を Pen D 930 に換えてみた

本当はPen DC E5400 か E5200に換えたかったのだが

使ってるPCのチップセットではE5xxx シリーズでは
動かない事が判明したため
仕方なくPen D 930 を試してみることにした。

CPU交換後試しに起動してみると
体感的にはPen4 3.4GHz と大して変わらなかったが
何か操作をするたびにファンの動作音が大きくなった。



その後シリコングリスを塗ってから再起動すると
ファンの動作音が大きくなる頻度がかなり減った
シリコングリスの効果と必要性を実感する事となったが
元々のPen4 よりは多少ファンの動作音が大きくなる傾向は変わらないようだ。
(元々のPen4 ではファンの動作音が大きくなる事はほとんど無かった)



DVDFlick でのエンコ/オーサリング では
42分の動画2本からVIDEO_TSが出来るまで約53分強~57分強で完了
グリス有り無しでほとんど差は無く、元々のPen4 と同等か少し速い程度で
(Pen4 3.4GHz)≦(Pen D 3GHz)てな感じだった。


Pen4 と PenD では期待するほどは性能の向上は見られなかったが
ググって見るとこんな(古い)記事も見つかる。
「デュアルコアのPentium 4は急ぎで作ったもの」,Intel技術者が認める
これを見てしまうと性能にあまり差が無いのは納得するしかなさそうだ。




ところで本当は換えてみたかった CPU
Pen DC E5xxx シリーズを動くようにするためにいろいろググって見つかった
Intel のチップセット/CPU対応表を見てみると
公表されてる限り G31 Express 以上のチップセットを
使ってるPCが必要なようだ。

ただ、納得がいかないのは
CPUのスペックとチップセットを見比べると
FSBやソケット等条件がそろってそうなのだが動かないことだ。

いったい i945GやQ965ではどこの何がどうだめで動かないのか
はっきり答えていないで「ただ動きません」「回答しません」としか言わないことだ
もしBIOSが対応していないだけなら、ファームの書き換えだけで済むのなら
動くようにBIOSのアップデートをしてほしいものだ。
.



.



.

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

PCのBIOS ROM をバージョンアップ



HP のホームページからダウンロードしてはいたが
先延ばしにしていたPCのROM のBIOSを
Ver1.54 から Ver1.60 へ書き換えた。




いくつかメディアが選べるようだが(説明が英文だけなので判りにくい)
これはBIOSのISOファイルをCD-RWのに書き込んでおいて
起動させたBIOSのメニューからCD上のファイルを指定して書き換える方法だ。




失敗するとPCが立ち上がらなくなる可能性があり、
しかもやり直しが利かないぶっつけ本番なので、
少しひやひやしたが、以外にあっけなく書き換えができた。








起動画面も「v01.60」と表示されOSの起動も問題なかった。




このBIOS ROM書き換えもメーカーやPCごとに方法が違うのが難点だ。
.

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

久々にXPを修復セットアップ

XPのシステムの入ったHDDを新しいPCに乗せ換えたら
ブルースクリーンが出て起動しなくなった。
そのHDDを元のPCに戻すと問題なく起動する
マザーボードはほとんど同じはずなのだが、なぜか起動しない
さらに別のPCで動くHDDからでは問題なく起動したがAudioドライバが違うようだ


いろいろやってはみたが
ブルースクリーンからは逃れられないので
起動ドライブごとバックアップとった後
何年ぶりかで修復セットアップかけてみた。

修復セットアップはCPUの動作周波数高くても時間はかなり掛かる
途中でプロダクトキーを要求され、またさらに時間をとられる
SP3だったシステムがSP2の戻ってしまったので
SP3をCDから適用する、以前適用にてこずったSP3も
修復セットアップ直後はすんなり適用された
不明なデバイス(たぶんAudioドライバ)が見つけられずエラーになる
場所を指定しなおして何とか不明なデバイスを無くした。

テーマの変更や接続数制限解除もやっていたので
uxtheme.dll tcpip.sys をReplacer で手っ取り早く置き換えた
shell32.dll もVista風のアイコンにしていたので同じ方法で置き換え

鼓動しなおすと更新のアイコンが出ていたが内容は
KB967715 (shell32.dll) 、KB951748 (tcpip.sys)
で、適用するとせっかく置き換えたものが元に戻ってしまうので
キャンセルして適用しないようにした。

ここまでやってやっと元とほとんど同じ環境で新しいPCが使用できるようになった
やれやれだ。一連の作業を自動化する方法は無いものだろうか。


もうひとつの方法としてクリーンセットアップしたPCに
環境やソフトを引越しする有料ソフトは数々あるようだが
フリーのPCの引越しできるソフトないもんかな~
.

参照先:Windows XPの移行支援ツールを検証
(サイトにある「PCアップグレードコマンダー」は見当たらないようだ)



.

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Hiビジョン-レコーダーのHDDを交換

ヤフオクで落札したW録のHiビジョン-レコーダーのHDDと
今まで使っていたシングルチューナーのHiビジョンレコーダーのHDDを
保障期間もとっくに過ぎた物だったので
お金を払ってまでメーカーにたのむ気になれず自分で入れ替えた

シングルチューナー側のHDDの方が倍以上の容量だったからだが
できれば内容を保持したまま入れ替えたかったが出来なかった・・・
どちらも同じメーカーのHiビジョンレコーダーだったが
HDDを交換しただけでHDDのアクセスが出来なくなってしまったのだ。

アクセスできるようにするには
HDDのイニシャライズとシステムのリセットが必要だった
幸いなことに落札したHiビジョン-レコーダーに
メンテナンスモードを起動するための手順が書かれた
プリントアウトが付属していた、出品者が同梱してくれたのだ
HDDの内容は失われてしまったが
おかげでどっちのHiビジョンレコーダーも正常に使用できるようになった
出品者に感謝だ。

いろんなメーカーでもっとこうゆう情報が公開されているといいのだが
ググってもなかなか見つからない・・・
.





.

別窓 | ハード関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ネット漂流記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。