ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

DVD Flick Ver.1.3.0.6 リリースされてました

独自には原因つきとめて対処していたが
Ver.1.3.0.5 にあった不具合は修正されてる(ry?

FFmpeg 以外にも幾つか呼んでるソフトがアップデートされているが
また似たようなエンバグ無ければいいのだが・・・

またテストしてみる予定。


Changelog
Version 1.3.0.6

- Fixed: Bug that caused certain files to be detected as having 0 FPS video.
- Changed: Updated 7-zip, MPLEX, delaycut, FFmpeg and mkvextract to their latest versions.
- Changed: Modifications to the installer script (XhmikosR).




参照先:DVD Flick.net
.


追記: Ver.1.3.0.6 のインストールに注意ファイルサイズに注意
今回のバージョンもインストールするには先に前のバージョンのアンインストールが必要のようだ。

最初にVer.1.3.0.5 をバックアップしてインストール先のフォルダーをそのままに
オーバーインストールをしてテストを開始したがこんどは mkvextract.exe の実行がエラーで終了した
バッチファイルにして調べてみると regex2.dll が無いというエラーが出ることがあったが
DVDFlick のインストール先の何処にも regex2.dll はなかった。

またmkvextract は mkvtoolnix にも含まれているが持っていたバージョンには regex2.dll はなかった。
そこで新しいmkvtoolnix 251 をインストールしてみると、mkvextract と共に regex2.dll が含まれていた。

もしやと思いDVD Flick をアンインストールした後、再インストールしてみるがやはりDVD Flickのフォルダーに regex2.dll 見当たらない。
だが試しに mkv ファイルをエンコードしてみると今度は正常に動作した。
またエラーだったら mkvtoolnix の regex2.dll をコピーしようと思っていたが必要なかったようだ。
もしかすると名前が違う dll に含まれていて実行されているのかも知れない(憶測だが)

少なくともVer.1.3.0.6 はインストールの前には今までの DVD Flick のアンインストールが必要なようだ。
.


追記の追記: regex2.dll に関する書き込みがDVD Flick forums にあった
DVD Flick ・ View topic - DVD Flick 1.3.0.6

どうやら regex2.dll をインストーラにインクルードし損ねた?らしく
こっそり差し替えたらしいorz
早くダウンロードしすぎて dll 入っていないやつをインスコしてしまっていたようだww

落としたファイルサイズ比べてみると確かに違ってたw (^^;
dvdflick_setup_1.3.0.6.zip-02-23  dll 無し       12,476kb
dvdflick_setup_1.3.0.6.zip-02-24  regex2.dll 有り   12,509kb
.



追記その2:dvdflickmod-b735 (Ver.1.3.0.6) Audio エンコード速度改良版
まだ本家では対応してない様子 Ver.1.3.1.0 まではこのままか?

ファイルはここから
(σ ̄- ̄)σ [れいのファイル]
.

3月2日
DVD Flick Ver.1.3.0.6 の Audioエンコード時間改良版
をVectorに登録しました

dvdflickmod 1.3.0.6 build735
DVDFlickmod-b735.zip

概要: DVD Flick Ver.1.3.0.6 の Audioエンコード時間改良版
説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se468543.html


前に登録していた
dvdflickmod 1.3.0.4 build727
dvdflickmod-b727.zip
はダウンロード数: 444 でした
さすがVector
.
スポンサーサイト

別窓 | DVDFlick関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

DVD Flick Ver 1.3.0.5 の不具合の原因を発見

DVD Flick Ver 1.3.0.5 にはDVD Flick forums にも書かれている通り
mkv の1時ファイル mkvtemp からのエンコードで失敗するというバグが潜在しています。

独自の検証の結果
どうやら原因は最新版に更新された ffmpeg.exe にあるようです。

原因発見の経緯はこうです
Audioエンコード改善版をビルドしたのでテストのため
DVD Flick Ver 1.3.0.4 のフォルダーにコピーして実行して見たところ
mkvtemp からのエンコードでも正常に動作していました。

そこでVer 1.3.0.5 をインスコしてそこで再テストしてみると
DVD Flick forums にある通りに失敗するという結果を得ました。
"ffmpeg_video_title0_source0.txt" の " -r 0 " のパラメータがエンコード失敗の原因のようです
そうなる原因は何処にあるかを考えてみると Ver 1.3.0.5 の Changelog には

- Changed: Updated FFmpeg to latest revision.

とありました、そこで正常に動作したVer 1.3.0.4 の ffmpeg.exe を
Ver 1.3.0.5 の bin フォルダーにコピーして再々テストしてみると正常に動作しました
"ffmpeg_video_title0_source0.txt" のパラメータも " -r 23.976 " と正常値でした

このパラメータは誰が(何が)何処に出力したものかというと
ffmpeg.exe が report.txt に出力したもので
ファイルの場所は
"C:\Documents and Settings\<User>\Application Data\DVD Flick"

このファイルを比較してみると
ffmpeg.exe が出力した report.txt のFramerate の値に違いが見られた
Ver 1.3.0.4 ffmpeg :Framerate : 23.976
Ver 1.3.0.5 ffmpeg :Framerate : 0



結局エンコード失敗の原因は
このVer 1.3.0.5 の最新版 ffmpeg.exe に出力させた
report.txt の内容が mkv ファイルのときにだけ
Framerate の値が 0 になってしまうが、そこでは発覚せず
皮肉なことに ffmpeg 自信が出力した間違った値を
mkvtemp からのエンコードのとき渡されてエンコードが失敗する結果になっているわけです。
しかも DVD Flick だけを見ていたのでは原因はまったく判らないということに・・・


回避方法としては DVD Flick Ver 1.3.0.4 に含まれる ffmpeg.exe を
Ver 1.3.0.5 のffmpeg の代わりに使用することで
mkvtemp からのエンコードでも正常な動作が可能となる。

自分も今はVer 1.3.0.5 のffmpeg.exe をバックアップした後
Ver 1.3.0.4 の ffmpeg.exe をVer 1.3.0.5 の bin フォルダーに
コピーして使用している。


その他
Changelog にもあるようにUTF-8 の日本語のSubTitle ファイルが登録可能になっていた。
また多くのShiftJIS の日本語 ファイルでも登録可能だが
なかには編集画面で見ると文字化けしているShiftJIS の日本語ファイルもあった

以前は逆だったのでUTF-8 をShiftJISに変換して登録可能だったが
今度はShiftJISをUTF-8に変換して登録すれば文字化けも解消する
これも皮肉な話だが以前に紹介したCode2code がここでまた活用できることになる。


文字化けしているShiftJIS の日本語SubTitle




ShiftJISをUTF-8に変換し登録した日本語SubTitle




さらにメニューテンプレートのモザイクの画像が
より鮮やかなブルーに差し替えられていた

以前のテンプレートはフォルダーごとリネームしてコピーしておけば
以前の画像もテンプレートとして今後も利用可能だ。
.



追記: dvdflickmod-b733 (Ver.1.3.0.5) をビルドしました
Ver 1.3.0.6 が出るまでの短命かもしれませんがテストでせっかく作ったので一応・・・

ファイルはここから
(σ ̄- ̄)σ [れいのファイル]
.

別窓 | DVDFlick関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

DVD Flick 1.3.0.5がリリースされてました

UTF-8 のサブタイトルがサポート(修正?)されたようす

またAudio関係など色々とテストしてみようと思う。



Changelog
Version 1.3.0.5

- Added: 1.85 manual PAR option for titles.
- Added: Copy timestamps option for titles.
- Added: RealVideo 3 and 4 support. It's not perfect though.
- Added: GSM audio support.
- Changed: Made the Mosaic template less garish-looking. Not that it's been turned into a work of art now.
- Changed: MPLEX is now used instead of TCMPLEX.
- Changed: Updated FFmpeg to latest revision.
- Changed: Adjusted default burn speed and speed warnings.
- Changed: 2:3 pulldown is disabled by default now, but can be enabled from the advanced video options dialog.
- Changed: The "Do you want to proceed" dialog is no longer shown.
- Fixed: When running in unattended mode, "The project has been changed" dialog would still show up and keep DVD Flick from closing.
- Fixed: UTF-8 subtitle support.
- Fixed: Low\high burning speed warning even when burning to disc was disabled.
- Fixed: Long duration of adding a new video source.




参照先:DVD Flick.net
.


追記:
DVD Flick forums によるとDVD Flick 1.3.0.5には mkv の一時ファイル mkvtemp からのエンコードが失敗するバグがあるらしく
DVD Flick 1.3.0.6 が近く出そうなのでしばらく様子見たほうがいいようです。

DVD Flick forums
.

別窓 | DVDFlick関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ネット漂流記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。