ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

XP SP3 適用で「内部エラーが発生」したケースについて


実はSP3 RC2を「拒否」されて元の設定(SP2)に戻されたとき
システム全体のバックアップを取っておいた

その後RC2を不自然な適応状態でRTMをインスコしようとして「内部エラー」が出て
インスコ出来なくなっていたのだ

そこでバックアップから必要な部分を書き戻してから
[インストール前の準備とエラー]の先の
方法 3: レジストリとファイル権限をリセット」からSubinacl.exe
というファイルをダウンロードして「方法 3:」のバッチ処理をかけ
RTMを再インストールしてみたところ
SP3の適用に成功したダイアログが出た


「内部エラーがでた」ケースではバックアップを書き戻し
「拒否」の状態から修正をかけるのも
けっこう効果があるようだ(ケースバイケースだが)


ただSP3適用後にいくつか不具合が生じている
1.Ctrl+Dragでのファイルのコピーが出来ない
2.「プログラムの追加と削除」でWindowsコンポーネントを表示しようとすると
  MsmqOcm.inf が無いといってエラーになるようになっていた
  しかし正常に動作しているシステムにもMsmqOcm.inf は見当たらない

今はこの存在しない
MsmqOcm.inf に関する問題が悩みの種です
何かいい解決方法は無いものか・・・(‘A')
.

スポンサーサイト

別窓 | 更新関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<MsmqOcm.inf の問題について | ネット漂流記 | XP SP3 RTM インストールの成功と失敗>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ネット漂流記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。