ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

DVD Fllick 1300 のAudioエンコードを高速化してみるw

ソースを眺めてみると
DVD Flick はコマンドラインをffmpegに投げて実行させている
そこで、単純にffmpegをAudioのエンコードが速いVer.1221の物に
置き換えてテストしてみたが


結果は思ったようには速くならなかった
ある.aviのソースを5%エンコードするまでに約4分強かかっている
(Ver.1221では同じソースを6分強でエンコードが完了する)

逆にVer.1221にbuild712のffmpegで
実行してみたいのだが
残念ながらVer.1221でまともに実行できる
ffmpegのバージョンはver.1300beta build488 までなのだ
というかVer.1221とVer.1300build488は同じffmpegなのだ
(サイズと日付がまったく同じだった)

この結果から考えられる事は
エンコードスピードが遅いのはffmpegのせいではなく
DVD Flick がffmpegに与えるコマンドラインか
ffmpegを実行する方法にあると思われるということだ

さらに言えば今のDVD Flick 1300は
Ver.1221に比べAudioのエンコードスピードにおいて
ffmpeg の性能を約1/20しか生かしていないことになる
まったくもったいない話だ


ならばということで
Ver.1221 のffmpegの実行方法を参考に
Ver.1300 のAudioエンコードの高速化が出来るか試してみることにした。



・・・・・・\(^o^)/

試行錯誤した結果わかりました

ffmpegを実行し、Pipe処理でWaitしている時間がVideo用に長く取るようになっていて
Audioのエンコードではffmpegの実行時間に比べWait時間が長すぎて
結果的に10倍、20倍の時間がかかってしまったって事らしい。

どうりでAudioのエンコードではCPU使用率が異常に低かったわけだ
DVD Flick 1300ではWaitした時間の中で
たまにしかエンコードしていなかったわけだから
Audioのエンコードの時CPUは暇こいてたわけだ^^


これでDVDFlickPlus 1300に乗り換えても
エンコードスピードでも問題なく使えるようになった。
(約6分45秒でAudioのエンコードが完了した)

あとはメニュー関係をすこし改造できるか
試してみることにしようと思う

DVD Flick 本家の皆さんには
早くこの事態に気付いて改善されることを願っている。
.



追記: バッファサイズとの関係についての補足
その後さらに実験してみたところAudioのエンコードでは
バッファサイズもエンコードスピードに影響するようです

バッファーサイズはVer.1221 では4096、オリジナルのVer.1300 では256でした
Ver.1221と同じのバッファサイズとスリープタイムでは上記のように約6分45秒、
ところがバッファサイズだけ256(オリジナル)で同じ事をすると約20分30秒ほどかりました。

VideoのエンコードではAudioのときよりバッファサイズやスリープタイムに影響されないようです、
しかし、バッファサイズが256(オリジナル)の時はスリープタイムが短いほうがわずかにエンコードが速く、
バッファサイズが4096のときはスリープタイムが長いほう(オリジナル)がエンコードがわずかに速いという逆の結果になった。

したがって、エンコードスピードを速くするには、
少なくともバッファサイズはVer.1221と同じに変更し、
Audio のエンコードの時はスリープタイムを短く、Videoはそのままとする事で、
Video、Audio両方のエンコードスピードは実験した中では最も速くなるようだ。
(少なくとも自分のPC環境ではこれがベストな条件)
.

スポンサーサイト

別窓 | DVDFlick関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<DVD Flick 1302 (build 720)がリリース | ネット漂流記 | DVD Flick 1300 build712 と DVDFlickPlus>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ネット漂流記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。