ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

DEMUX のあとはどうする?

DVDFlickPlusでDemuxした後どうするのか
疑問に思った人いませんか?

DVD化したいわけですから当然REMUXするわけです
それならDVDFlickでそのままDVD化したらいいと思うでしょうが
それだと余計に時間がかかってしまうんです

DVDFlickの場合DEMUX(エンコード)したあと
1本のmpegファイルにcombine(REMUX)しています
これはmmnameなどで見てみるとVOBファイルなんですが
このままではDVD化できないので1GB単位でVOBファイル化して
IFOファイルを付けDVD化しています
これをAuthorと呼んでいます

これを別のフリーソフトでやるといっぺんに1GB単位の
VOBファイルに統合してIFOファイルを生成しDVD化してくれます
時間的にも短く済み、HDDの必要容量も少なくて済みます
これがDVDFlickをDEMUXで止める理由です

これをやってくれるフリーソフトは知る人は知ってるIfoEditです
あまりにも有名で説明の必要は無いと思います(オコガマシイ)
これでうまくいかないときはMuxManを使います
これは名前どおりREMUX専用のフリーソフトです
この2つでうまくいかないときは元のファイルを疑ったほうが
経験的にいいようです。


IfoEditはこのほかにも多くのIFOファイル編集機能があって
DVD化には欠かせないソフトです、使い切れていませんが
このソフトの使い方しだいでDVDの出来が変わるといっても
過言では無いと思います、例を挙げると

PAL → NTSC 再生時に設定
4:3 → 16:9 再生時に設定

など自分が知る限りIfoEditでしか変更出来ません
また、REMUX時にCellTimes.txt を読み込むことでチャプターが設定できます

そんなわけでDVDFlickPlusはIfoEditと組み合わせて使うと
最も効率的にDVDを作る事が出来るソフトです

IfoEditとMuxManはここから手に入ります
CellTimes.txt のサンプルはこんな具合です
.
スポンサーサイト

別窓 | DVDFlick関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鼻歌検索 この曲なんだっけ? | ネット漂流記 | DVDFlick がバージョンUP>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ネット漂流記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。