ネット漂流記

いろいろな出来事を勝手に本音で・・・ 「本音でブログ」から改名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「悪意あるプログラム」の意味とは

Windowsのアップデートで「悪意あるプログラム」の削除TOOL
ってのがある(正確な名称ではないかも)

この場合の「悪意あるプログラム」の意味は
(自分が思うに)マイクロソフトにとっての
「悪意あるプログラム」であるという意味だと
認識している


Doku BIN.jpg
このとき問題なのは
ユーザーにとっての「悪意ある・・・」とは
必ずしもイコールではないということだ
むしろユーザーにとって非常に便利かつ
必要なプログラムである場合もあって
削除されては困るということも有りうるのだ
(ただし明らかなウィルスそのものとか
ウィルスを発信するプログラムの場合を除く)
このため(自分としては)Windowsのアップデートでの適用は
慎重にならざるを得ない

このこと以外にも「悪意あるプログラム」の削除TOOLを適用すると
Windowsそのものの動きがおかしくなる事があり
適用した後アンインストールすることが多くなっている
自分にとってはこのTOOLそのものの方が「悪意ある・・・」
ものに思えてしかたがない


ghostbusters-right-01.jpg

似た様なことが前にインストールしたAVGにも発生していた
cprmgetkeyというToolをウィルスと断定して隔離してしまっているのだ

これもユーザーにとっては便利かつ必要なToolであるにも関わらず
企業や体制側にとっては不都合なToolだからだといえるだろう

このAVGというソフト、Free版では
判定対象の設定などの
変更が出来なくなっている
自分にとっては不都合なソフトだ


Trojan_horse_Canakkale.jpg
このほかP2Pのソフトなども判定対象となっていて
そのつど無視のボタンを押すしか手が無いのが実情だ

近い将来AVGをアンインストールすることになりそうだ

このようなパーソナルなアンチウィルスソフトなどについては
企業や体制側の判定基準を押し付けるのではなくて
もっとユーザーにとって必要な判定基準の設定
をして欲しい物だ
(あるいは出来るようにして欲しいものだ)
.
さらにAVGは
PDのようにユーザーにNOの選択の余地も与えず
ユーザーが見ることもファイル化することも出来ない
2GBものキャッシュのダウンロードが終わるのを待たないと
ユーザーが必要としているファイルのダウンロードが
出来ないソフトをデフォルトではトロイの木馬と
判定していない

ユーザーからみれば明らかにPDのほうが
トロイの木馬だといえると思うのだが・・・
.
スポンサーサイト

別窓 | ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<極薄の新しい MacBook Air | ネット漂流記 | ブルームーンの3カラム化>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ネット漂流記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。